+ *
友達が大切な人に変わる瞬間…
+ *


占う前の心構え
タロットカードは全部で78枚あります。これをすべて一度に覚えようとするのはとても大変なことです。 78枚は大きく分けて「大アルカナ 22枚」と「小アルカナ 56枚」の2種類に分けることができます。 まずはなじみやすい「大アルカナ 22枚」を通じてタロットの流れを勉強していきましょう。

タロットというのは、結果をカードが表現してくれます。 私たちはそのカードが何を言いたいのか、何を表現しているのかを的確に読まなければなりません。 いろいろな内容を占っていくと思いますが、カードをどれだけ信頼して、 どれだけカードが表現している事を感じ取れるかが、タロットを上達させるコツになると思います。

まずは、カード一枚一枚と向き合ってみてください。 そして、そのカード一枚一枚の意味を頭の中で整理していきましょう。 カードにはひとつ大きな「キーワード」があります。 そのキーワードを元に、いろいろな意味を頭の中で膨らませて整理していくと覚えやすいものです。 そして、カードのことを「信頼する」ですが、占いをやってみて、 「これはどう見ても間違ってる…」というような結果が出るかもしれません。 しかし、ここでこう思ってしまった時点で、あなたはカードのことを信頼しているとは言えません。 こう言う結果が出たときは、あなたの心境が不安定なのだと思います。 占いをするときは常に心を「クリーン」にして、カードに絶対の信頼と、結果に絶対の自信を持つようにしましょう。 そうすることで、タロットの上達と発展があると思います。

一つ覚えておいてください。 もし、あなたがタロットを勉強・実占していく上で、何か詰まったりしたら、 初心に返ってここのページを読み直す事をお勧めします。 その頃にはきっと、このページに解決の糸口が見つかると思いますよ。


[0]戻る

+ *
きつねの占い館
+ *